正しい使用順序とは?

基礎化粧品の正しい使用順序とは?

正しい使用順序とは? 基礎化粧品の正しい使用順序は化粧水、美容液、乳液そしてクリームです。洗顔は汚れだけでなく肌の水分も奪うので、すぐに化粧水で水分補給します。肌が潤うことでその後につける基礎化粧品の浸透率が上がります。
美容液は保湿成分や美白成分など特定の美容効果に特化しており、化粧水よりも高い効果が期待できます。若い人は使わないことも多いですが、アンチエイジングの必要があるならば気になる場所に美容液をつけます。
乳液は水分と油分のバランスが適切で、保湿と水分の蒸発を防ぐ役割があります。
乳液よりも多く油分を含んでいるのが、最後に使うクリームです。クリームの油分が肌に蓋をして、それまで使ってきた成分が肌内部に留まるように働きかけます。クリームを最初に使ってしまうと、乾燥した肌に油分だけ加わって化粧水などの水分が浸透しにくくなります。
保湿できないと水分と油分のバランスが崩れて、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になります。

基礎化粧品のそれぞれの役割について

基礎化粧品のそれぞれの役割について 良い肌を作りたいと考えた場合に重要になってくるのが基礎化粧品です。使う時にはその役割りを覚えておく事が大切です。
洗顔後にまず肌につける化粧水は、洗顔によって失われた保湿成分や水分等を肌に補うものです。 その後につける美容液というのは、肌に不足をしている美容成分を補うものです。美容成分が贅沢に配合されており、保湿や美白等のケアをしたいと考えた時に有効なアイテムとなっています。
乳液というのは、そのままでは時間と共に蒸発をしてしまう化粧水や美容液が蒸発をしないように蓋をしていくものです。 クリームも同じく水分の蒸発を防ぐもので、乳液というのはクリームを塗りやすくする為に化粧水と混ぜて作られたものです。 ですから、仕上げはクリームか乳液、どちらかひとつで構いません。
塗りやすいのは乳液ですが、高い効果を期待するならクリームが有効です。 基礎化粧品を使う時には、それぞれの役割りをしっかりと把握しておく事が大切です。