化粧品の訪問販売への対応

化粧品の訪問販売への対応

化粧品の訪問販売への対応 化粧品の訪問販売でお困りの方、効果的な断り方をお教えします。訪問販売員は、営業トークを身につけていますので、普通の断り方では、載せらてしまいます。化粧品は女性向けのため、男の強引な販売店を前にすると圧倒されやすくなります。優しい方や、人が良い人ほど心を鬼にして、心して参考にしてください。
始めに、インターホンがなった時、簡単に出てはいけません。いかにも営業に来た様な人なら、そのまま無視をして、居留守を装ってください。出てしまった場合は、誰なのか、要件を聞いてください。曖昧に返事をされたら、警察を呼ぶと、伝えてください。話だけでも聞いて欲しいと言われたら、曖昧な返事はせず、はっきりきっぱりと断ってください。そして、ドアを絶対に開けてはいけません。相手の顔や化粧品を見ながら話を聞くと、相手のペースに持っていかれます。
また日頃の対策として、訪問販売お断りや猛犬注意のシールを貼ってください。気を使う必要はないので、拒絶をしている姿勢を取り、関わらない様にするのが得策です。

違うシリーズの化粧品を同時に使ってもいいのか

違うシリーズの化粧品を同時に使ってもいいのか 毎日のスキンケアで、同じシリーズの化粧品を使用していますか。洗顔料や化粧水は、使用頻度が高いので他の化粧品よりも早く使い切ってしまったり、新商品が発売されれば試してみたくなります。でも、メーカーやシリーズが違う場合は、使用して良いものか迷いますね。
答えは使用して大丈夫です。現在の肌質や、理想の肌質に応じてタイプをそろえておけば違っていてもその効果を得ることができるのです。シミ対策には美白成分なあるもの、ニキビ対策には皮脂分泌をコントロールしたり毛穴を引き締める効果なあるもの、という具合に揃えましょう。化粧品メーカーでシリーズ使用を推奨しているのは、より効果が出やすいことと万が一、肌トラブルになったときに原因成分が突きとめやすいからです。自分の肌に合っている物や効果が十分に発揮できる物であれば、あえてそろえる必要はありません。化粧品それぞれの得意分野を、肌に取り入れることができれば良いのです。