年齢に合わせた化粧品の選び方

年齢に合わせた化粧品の選び方

年齢に合わせた化粧品の選び方 一般的に女性の肌は20代で皮脂分泌量のピークを迎えます。また、ほうれい線やシミ、シワが目立ち始めるのが30代です。さらに40~50代になると、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなり、よりシミ、たるみ、シワが目立つようになります。スキンケアで最も大切なポイントは、過不足がないことです。

20代は、肌が丈夫で素肌でも十分に美しいのですが、年齢に合ったスキンケアを継続しないと、後で大変なことになります。20代に多いのは、香料や刺激の強い化粧品や、クレンジングによる肌への負担が招く肌トラブルです。見た目のキレイさだけを重視したメークや、過度なクレンジングが後々の肌にダメージを与えます。香料や刺激の少ない化粧品で正しいスキンケアを行いましょう。

30代は、紫外線や摩擦などの外的刺激に対して肌が敏感になり、さまざまな肌トラブルに陥ります。すでにできてしまったシミを薄くする働きのある成分は、ビタミンC誘導体とハイドロキノンです。美肌に多彩な効果があるビタミンC誘導体を含む化粧品を使用するようにしましょう。

40~50代の肌は、保湿力が低下し、ターンオーバーの機能も乱れがちです。また40代で発症しやすいシミには、老人性色素斑があります。シミを予防するための代表的な美白成分は、ビタミンC誘導体・アルブチン・トラネキサム酸・プラセンタです。それらを含む化粧品を選んで、こまめにケアを行いましょう。

加齢とともに化粧品の成分を意識しよう!

加齢とともに化粧品の成分を意識しよう! 化粧品によって入っている成分は様々です。
年齢と共に肌の状態は変化してきます。使う化粧品の成分にも気を使ってみましょう。
加齢と共に出てくる肌の症状と言えば、シミやシワです。
できてしまったシミを消す事は難しいですが、増やさないために効果的な成分はあります。
ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、ハイドロキノンはシミに有効です。
日焼け止めを毎日しっかりとしたうえで、美容液などのスキンケアで取り入れてみましょう。
シワやハリのなさも気になる人もいるでしょう。
肌がたるむことで毛穴も目だって来るのです。
これには肌に潤いを与え、ふっくらさせることが大事です。
レチノール・アルジルリンは抗シワ効果が高いです。
ハリや保湿にはコラーゲン・ヒアルロン酸・アスタキサンチン・コエンザイムQ10などがおすすめです。
肌を改善させるには、毎日のお手入れが要になってきます。
年齢と共に化粧品の種類に意識しながら、きちんとしたスキンケアを行いましょう。